So-net無料ブログ作成

お中元 [ホステスについて]

お中元。
それは、”夏の元気なご挨拶”

ホステスにとっても、お歳暮・お誕生日と並ぶ、お客様へのご挨拶。
これからも宜しく、こないだはゴメンナサイ、最近こないじゃない?、
わたしのこと(うちの店のこと)忘れないでね・・、先行投資!
などなどそれぞれの思いが込められる。

何を贈ろうかはもちろん、直接の挨拶回りはどこまでする?
同じ会社の人へはどのように区別を?など、どこへどのように送ろうか
日ごろの感謝をうまく伝える絶好のチャンスであるのだから、なるべくスマートに
そして印象的な物を贈る、”裏工作”は頭の痛いことだろう。

クラブ通いするかたは、クラブだけで30個も40個もこのような季節の贈り物が届く。
私ならすべてが同じ物に見えそうだが、先方は結っー構チェックしている。
誰々からは着てるがこっちからは着てないなぁとか、単純に去年より落ちたナーとか
有名な商品なんかだと、アイツのほうが内容がいいなあとか???
こんな鋭いチェックが仕事に結ぶのだろうか?!
(小説家とかも結構チェックが厳しいっていいますよね)
こういうひとつひとつで行く店を決めるひとも
少なくないから、誤字・脱字なんていうボンミスはノンノン。

しかし、私がこんな悠長にネタにしてられるのは贈る件数のたかが知れているから。
よしっなじみのお客様には季節のものにしよう♪
出版関係の方には紫野和久傳などのブランドものを贈ってみたりして♪
あんまりお話出来なかったお客様には一文そえなきゃネッ♪
今後かわいがってもらいたい新しいお客様には地元のお菓子で印象つけよ~♪
あっでもお姉さんのお客様だから確認取っておかないとネッ。

なぁんて考えているだけでわくわくっ。
私は最近までお中元なんてお母さんが贈るもの、自分はそれを食べる人っと本気で
思っていた。こんな仕事していなかったら結婚するまでそう思っているだろう。
自分がこんなことで頭を悩ます時期が来るなんて?!お・と・なー!(注:年齢はいい大人です)
贈る相手の顔を思い浮かべる宛名書き。結構贈る人がいる?!た・い・へーん!なんて。
あぁ、どこまで保てるのかなこんな新鮮な気持ち。

だってママクラスのをみてるとやっぱりすごいっ。
100個~200個(200~300個?!)は平気で贈っているんだから。こんなノンキなこと考えてられない。
しかも会社が出すのではないんだよっ!一個人が贈るんだよっ!
最低5千円くらいのものを贈ったとしても・・それぞれの宛名を書いて。。
う~ん。。。気が遠くなる。あぁ~、ハムの人になりたい・・。(意味不明)

そういえは先日テレビで放送された銀座ホステスの特集はなかなか反響があった。
「ホントにあんなすごいの?!」なんて。昔はどうか知らないけど今はねっ。
うちのお店も取材願いがあるそうだがお断りしているそう。
それは半、一見様お断りだから。「放送見て来ました!」なんて一回こっきりくるお客様で
いつものお客様の接客がままならないなんて絶対に許されない。
要するにあれは宣伝か頼まれて致し方なかったなのだね。

黒革の手帳”のモデルになった人も同ビルにいる。
あのような危険な香りの女性を自信あるお金持ちがほって置かないのはわかる。
しかしはっきり言って黒革の手帳のような営業していたらすぐ噂が広まり営業にならない。
よって横領は出来ない。

だが、すれすれのことはあるだろうし起こりうる可能性がなくもないのが
銀座のすごいところなのかも。。。さっさっさっ、お中元贈ろうっ♪


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 6

ichiro

う〜っむ。勉強になります。いろいろ企業努力があるんですね。
先週久しぶりに中洲に行きましたが。。う〜ん。。疲れすぎてるせいか今ひとつでした。。
by ichiro (2005-07-05 17:37) 

kohkoh

ホステスさんには本当、頭の下がる思いが致します…。

誤解を恐れず言ってしまうと、ある意味営業センスが問われる職業だなあと思います。お客様に感謝の気持ちをきっちり、しかもそれぞれパーソナルにお伝えするための手順ときめ細やかさは、とても真似できないなあ。kateさんもさることながら、ママさん、100~200個ですか!すごいですね…。
by kohkoh (2005-07-05 19:18) 

kate

コメント and nice!ありがとうございまーすっ。

>ichiroさん
仲いい子がいなかったり久々に行くとつまらないっていいますよねー。
夢から冷めちゃうのかな???


>kohkohさん
営業センスに尽きるといっていいかも・・(笑)とくに銀座のお客様ははっきりしてるから。たまに強烈なキャラクターってのもあるけど人って慣れますでしょ^^。

あっうちのままは今年は100~200個じゃなく200個~300個以上でしたっ。
ぎゃ~・・。
by kate (2005-07-06 17:30) 

buzz

ホステスさんて、自分自身が商品のようなものですよね(失礼な表現でしょうか?)。そういう意味で”私っていったいどの位のお金をいただけるんだろう”という興味はあります。ですが、すごいお金を頂いてる分、その影では表以上の努力や気遣いがあることを改めて感じました。プロになるって何でも簡単じゃないんだな、って。やっぱり私にはできないかも。。
keteさんのお気持ちがお客様にきちんと伝わるといいですね☆
オツカレサマです☆
by buzz (2005-07-08 01:17) 

kate

>buzzさん
コメントありがとうございますっ。
はいっ商品は自分自身、身体が資本の体力勝負の仕事です。
私たちって常にあの子にあって自分にないものってなんだろう?どうしてあの子はお客さんがいるのだろう??を考えて仕事してるんですね。
つまり仰るように、自分の商品価値とは?(売りは?)を日々考えています。
自然に個性が磨かれていくようですよ。
>keteさんのお気持ちがお客様にきちんと伝わるといいですね☆
>オツカレサマです☆
ありがとうございます♪buzzさんも良い週末をっ!
by kate (2005-07-09 06:26) 

kate

>buzzさん
コメントありがとうございますっ。
はいっ商品は自分自身、身体が資本の体力勝負の仕事です。
私たちって常にあの子にあって自分にないものってなんだろう?どうしてあの子はお客さんがいるのだろう??を考えて仕事してるんですね。
つまり仰るように、自分の商品価値とは?(売りは?)を日々考えています。
自然に個性が磨かれていくようですよ。
>keteさんのお気持ちがお客様にきちんと伝わるといいですね☆
>オツカレサマです☆
ありがとうございます♪buzzさんも良い週末をっ!
by kate (2005-07-09 06:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。